本文へスキップ

帰庵堂は岡山県画廊、美術商、骨董商、絵画商、備前焼の新時代の作品提供のショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.0868-75-1385

〒709-4255 岡山県美作市国貞579-1

古備前-帰庵堂

帰庵堂は思いますが、古備前は現代の備前焼の母であると言っても過言ではないかも知れません。
古備前とは古い備前が古備前ではないかと考えられる方もいらっしゃるかも知れません。
備前焼は日本六古窯と呼ばれ、岡山県邑久郡の須恵器を母体として鎌倉中期に誕生した窯です。備前焼の原型は須恵器であり、須恵器であるが故に生活に密着した生活雑器が備前焼であると考えられて来ました。様々な年代を経て備前焼の世界が伝統的な日本の焼物芸術の中心的な役割を演出して来た様に思います。
古備前の生活雑器、置物、花入れ、擂鉢、甕、徳利、獅子など様々な味のある作品を提供させていただきたいと思います。古備前の知識を幅広く古備前研究家の方のご意見を伺い帰庵堂は皆様に古備前の焼物の作品を皆様のご理解の上で提供、販売させていただきたく存じます。掲載商品はほんの一例です。ぜひ帰庵堂の所持している古備前をご覧になり、様々な古備前を手にとってご覧ください。帰庵堂は誠実に対応いたします。
帰庵堂代表道広義博は昭和年代より古備前の収集を行ってまいりました。道広一成とともに誠実に対応させて頂きたいと存知あげます。 日本六古窯とは受験などでは鎌倉後期に入り発展したとあり、発展する前に開発されていた事が挙げられます。文英堂の受験専科の日本史などでは備前焼(岡山県)、常滑焼(愛知県)、瀬戸焼(愛知県)、信楽焼(滋賀県)、越前焼(福井県)、丹波焼(京都府)が挙げられています。その焼物に先駆けて須恵器、土師器、奈良三彩陶器が存在したのです。日本六古窯と最初に命名したのは小山富士雄氏でその後に六古窯に限らず様々な窯業地で焼物が制作されたようです。江戸時代以前の古備前は生活雑器だったため箱などは存在しません。岡山県における備前焼、古備前の売買は箱なしが通常であり、通例であり、箱がある方が不自然だと思います。

商品紹介item list

帰庵堂のショーケースです、人間国宝金重陶陽の作品や時代物の焼物などはショーケースに入れて岡山県骨董商帰庵堂は大切にしています。
帰庵堂焼物鑑定士道広一成は鬼面を江戸期と花瓶を江戸初期以前の古備前と鑑定させていただきます。その他古備前の御用命は帰庵堂にお申し付けください。水入れなど多数収蔵販売させていただいています。掲載は一例とさせて頂きます。
古備前ー壺
時代は室町時代に遡ると存じます。古備前の特徴の下駄底が存在し時代の元気元年を証明する作品だと岡山県古美術商帰庵堂は存じます。
古備前ー擂鉢
古備前擂鉢は、菜種油を生成するため、に考えられたとされています。生活雑器として、食品の加工の為に擂鉢は必要な生活雑器だと考えられます。江戸期の作品と見受けられます。
古備前ー片口
古備前片口は酒や酢・醤油などを入れる調理用の容器として利用されました。江戸期の作品と思われます。


古備前ー花生
古備前研究家の目賀道明先生の見解を私はとりたいと思います。掛花入の底は簏目底で時代は江戸後期だと備前焼鑑定士道広一成は鑑定させていただきます。

古備前ー彩色備前、絵備前と言われる備前焼です。成立時期は江戸時代初期から中期だと岡山県古美術商帰庵堂は思います。備前焼に赤絵を施した良い作品だと思います。

古備前ー弁財天置物
横幅27cmと言うかなり置物としては大きな古備前作品ではないでしょうか。祭祀用に用いられた古備前の置物と考えられます。
古備前ー白古備前
江戸初期から江戸中期の作品の古備前作品と思われます。古備前特有の陶印として長右衛門「南窯拾人」の陶印が見受けられます。

   中国美術を語る上で、清朝の時代を象徴する絵画様式として、日本名を使用したと言う事実があります。清朝末に絵画の作者名として「河野」などの日本の苗字を作者名として使用した事が中国美術、中国絵画の歴史を象徴する上で存在すると思います。そして西安美術院などで画学生として実力を磨き、中国美術を担う作家が誕生したと認識しています。掛軸は「賞梅図」で梅を国の花とする中国の思想を代表する絵画の考え方の作品だと感じます。 


江戸時代初期の古備前だと焼物鑑定士道広一成は鑑定させて頂きます。
 続・備前焼の系譜など父と目賀道明先生のご自宅で購入させていただきました。古備前の鑑定方法なども目賀道明先生の鑑定方法を取り入れさせていただき、私独自の鑑定方法も考察し鑑定し販売させていただきたいと思います。鑑定士として努力精進させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
私はパソコンで絵画をペンタブで描いてホームページの制作を行なっています。必要でございましたら書画、絵画などを中心に美術の鑑定士として皆様のお役に立てればと思っています。
特に、色絵染付「野村泰三」さんの本は初期伊万里、古伊万里を詳しく解説してある書籍で、古九谷や柿右衛門などの掲載もあり興味深く拝読させていただきました。

江戸時代に制作された古備前の水鉢だと帰庵堂鑑定士道広一成は鑑定します。よろしくお願い申し上げます。金重窯の古備前も収蔵販売させていただいております。
inserted by FC2 system