本文へスキップ

帰庵堂は岡山県画廊、美術商、骨董商、絵画商、備前焼の新時代の作品提供のショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.0868-75-1385

〒709-4255 岡山県美作市国貞579-1

収蔵作家一覧

作家一覧

帰庵堂は岡山県骨董商、美術商、古物商、画廊の帰庵堂の収蔵作家の一覧をご紹介させていただきます。
平山郁夫,
カトリーヌバッチェ,
坂本繁二郎,
横山大観,
伊東深水
梅原龍三郎,
竹内栖鳳,
富岡鉄斎,
長谷川富三郎,
竹内敏彦,
ベル串田,
絹谷幸二,
小野竹喬,(小野竹橋)
堂本印象
堅山南風,
川端龍子,
鈴木信太郎,
池田遥邨,(池田遙村)
土田麦僊,
棟方志向,
奥村土牛,
田村孝之介,
鳥海青児,
小杉放庵
天野喜孝,
稲垣伯堂,
森戸国次,
野村東山,
松浦敬文,
佐熊桂一郎,
国利明,
立石春美,
中村大三郎,
中村研一,
星茂,
渡辺恂三,
近岡善次郎,
半沢国雄,
林義雄,
辰巳寛.
木村秀雄,
白尾勇次
栄永大治郎,
市村司,
長井金四郎
田崎広助,
堀江正章,
北田和広,
冨士本曻
森島三謙,
吉田秀光,
浜田松陽,
佐藤昭三,
山際金鳳,
吉田淳,
黄哲夫,(美濃山人と同じ会派)
川端玉雪(川端虎三郎),
神戸玉泉,
伊藤嘉晃,
古市一雄,
藤田陽恪,
佐久間頼峰,
前田青邨
橋本関雪,(橋本關雪)
富田渓仙,
土田麦僊、
松林桂月
鈴木康雄,
田中駿,
粛粲宝,
野村義照,
三輪晃勢,《せんす》
池田道夫,
竹内敏彦
吉田正之助,
奥田元宋,
アルビノン,
ホセ・ローヨ,
テレスコビッチ
ジャックデベルト,
ギス,
愛新覚羅大鈞
アゴスティーニ,
フェリング,
テオトピアス,
サルバドールダリ,
エミリオグレコ,
テレスコビッチ,
ブーリエ,
アイズピリ
ポールギアマン
ベルナール・ビュッフェ
フリードランデル,
デビッドサーレ,
ジェラルド・ミューラー,
ホセ・ローヨ
スコットマン・ミッチェル
ノーマンロックウェル
ファンデリック・フレイヤー
萩原英雄
田中芳園(正規鑑定書付き)
田能村竹田
岡田半江
福田半香
福田眉仙
森琴石
森月城
北村西望
澤田政廣
木下純寛
大角博明
犬養木堂,犬養毅
藤沢南岳,
菊池五山,
津田白印,
大槻盤渓,
会津八一,
守時大融
若山牧水,
山県有朋.
平沼騏一郎,
大樋長左衛門,
今泉今右衛門
高橋道八,
新庄寒山,(第十三代)
桂又三郎(宝瓶),
藤原建
藤原雄,
黒井一楽,
山本陶秀,
西村春湖,
市瀬貞人,
浦上善次,
松井興之,
伊勢崎淳,
鈴木黄斎,
大樋与誌夫,
上田直方
三浦竹泉,
永楽善五郎,
吉賀將夫,
宮下善爾
藤田重良右衛門
丸田正美
富岡鉄斎(別号有り)
一休宗純
法然(源空)
滝和亭
頼山陽
平賀元義
柚木玉邨
直原玉青
森寛斎
岸連山
劉蒼居
大倉笠山
鹿子木孟郎(不倒山人)
斉白石(中国文人)
会津八一(會津八一)号は(秋艸道人)
山県有朋 号は(含雪)
橋本周延(号は楊州)浮世絵
田崎廣助(田崎美術館リトグラフ)
武者小路実篤
三代目歌川豊国(歌川国貞)
など、約1万点以上の美術品、作家物などを収蔵し、有名作家の肉筆、直筆、版画、リトグラフ、浮世絵、錦絵、古伊万里、古唐津、絵唐津、染付(時代物)、李朝(葡萄文様)、タペストリー、レリーフ、鉄製品、銅製品、高岡香炉などの作品をはじめ様々な著名な作家の作品を帰庵堂は収蔵しています。収蔵過程と致しまして、海外への渡航の美術商の方の御子息様より購入した美術品や中国ゆかりの家系の御子息様より購入させて頂いた美術品も多数ございます。備前焼作家多数、古備前、古書画、現代アート、近代アートなど多数の有名作家の作品を収蔵しています。
販売に関しましてはお気軽に帰庵堂にお問い合わせください。なお古美術作品も多数収蔵しております。
江戸時代の古書画、明治時代、大正時代、昭和の実力者の絵画、も豊富に収蔵しております。お気軽にお尋ねください。昭和の会派「日本画」、中国の書画、焼物、陶板画、朝鮮半島の焼物など様々な珍品、名品がございます。
日本の六古窯の作品各種を収蔵。美術の事なら帰庵堂にご相談ください。

太田煌人は昭和時代の会派の画家。十三仏の仏画などの掛け軸を残し、昭和中期から後期に活躍。
昭和時代には様々な会派の画家が直筆で手腕をふるい、様々な名作を残しました。帰庵堂は数点作品を収蔵して御座いますので、作品名や内容をお問い合わせ下さいませ。
中でも吉田淳氏の作品はすばらしく、中央画団の中尾淳氏の作品と双璧をなす作品のような名作を残しました。
「中山吉祥堂」より購入させていただきました。吉田淳氏の花シリーズは非常にすばらしい作品だと感じます。名作夜桜をはじめ様々な作品を描きました。
近代日本画において、慶応元年に如雲社が起こり、明治12年に龍池会が会派として起こりました。
それを発端として有名な岡倉天心やヘノロサが設立した東京美術学校が起こり日本美術院などが起こりました。
横山大観、下村観山、菱田春草などは明治31年に設立された日本美術院なのですが、日本美術院も会派であり、様々な会派が離合集散を繰り返し昭和後期まで現在の日展画家や院展画家を多く排出したと言う事実があります。昭和の会派は実力者がそろっていた、美術の研鑽を行っていたグループと言えるかもしれません。その他、東洋美術院、紫雲会、春光美術院、聖画会、清光会、など様々な会派が誕生しました。油絵では林風会、応美会を初め諸会派の画家の先生の油絵も販売させていただきます。
   吉田淳氏の作品です。同時期に西村淳氏は、熊本県出身で肥後椿などを描いた作家として混同されるので緻密な筆跡鑑定、筆致の鑑定が必要だと思います。吉田淳の夜桜は非常に趣のある作品だと言えます。中山吉祥堂で「淳」と言う作家が2名存在していて、吉田淳と西村淳を混同してしまいました。西村淳氏の作品は線の細さだと思います。吉田淳氏は重厚な作品で、院展系作家の西村淳氏の作品は線の繊細さを基本に鑑賞する事がポイントとなるとおもいます。西村淳氏は大正14年生まれで数々の受賞歴があります。この他の作品も帰庵堂は収蔵しております。お気軽にお問い合わせください。
帰庵堂は、古書画、古美術の美術品を収蔵し、屏風、「まくり」と呼ばれる掛け軸にする以前の状態の物も収蔵しております。備前焼や様々な焼物類も収蔵し、販売させていただいています。帰庵堂主人道広義博は適正価格を考え皆様に美術品を提供販売させて頂きたく存じます。油絵や油彩なども収蔵させていただいております。鉱物の水晶原石類なども収蔵させていただいています。中国美術においても、「金扇」などを始め収蔵販売させていただいています。また、トルファーと言われる鍾乳石も収蔵販売させていただいています。トルファーは鍾乳石に分類してもよく、酸性を帯びた雨水から方解石や石灰分を少しづつ溶かして出来上がったもので降雨量の少ない地域の岩や土の表面にできると言われています。お気軽にお問い合わせください。
私は岡山県で電話占い師、霊能者を行っていますが、説明させて頂きますと、この湖のある森や林の所在地で私の土地の所在地は岡山県美作市国貞806番地横山奥の道廣義博の土地の権利が存在する場所の画像です。地目は保安林です。入谷より大きな池が存在し、保安林という事で地域を水害から守るなどの役割が存在します。池の奥の山が道廣義博の保安林です。
 
エストウエストオークションと別のオークション会社の清華譜と言うカタログです。
 
エストウエストオークションからオークションカタログが帰庵堂に度々届きます。素晴らしい作品の数々だと拝見しております。「清華聚寳」と言うオークションカタログもその一例です。

中国書画ー骨董珍蔵はエストウエストオークション2014年6月に開催されたオークションです。デザインが素晴らしいので掲載させていただきます。


中国美術とは・・・
中国美術の醍醐味はトルコ石、瑪瑙、ラピスラズリ、翡翠などの玉と呼ばれる鉱物に味わいがあるように帰庵堂は思います。トルコ石は瑪瑙の様に模様が天然石に入っている物が通常であり、玉髄と呼ばれる鉱物で純粋な玉髄は半透明で灰色か白色をしている石英質であると言われています。縞目のついた玉髄は瑪瑙と呼ばれ軟玉は緑色または灰色をしており織物や細工に加工される鉱物が玉だと言われています。緑色の香炉は翡翠であると帰庵堂は思いますが玉には違いないと思います。また白玉も平成の現在ではレアな鉱物だと思います。お気軽に帰庵堂にプライスなどお尋ね下さいませ。
中国陶器を初め、中国の新古美術品なども修造してございます。
中国陶器は奥深い物があるかと思います。景徳鎮を初め様々な産地が存在し、馬上杯などもございますのでよろしくお願い申し上げます。



中国美術の清の時代を象徴する絵画として百蝶図などの掛け軸(掛軸)が挙げられると思います。また、「風貴図」とも呼ばれる美しい中国絵画の掛軸が挙げられます。そして九頭馬と言われる開運画は中国美術の流れを汲み日本でも開運画として掛軸として作家制作しています。また、葡萄図、百鶴図、群鯉図など、これらの作品は、昭和時代に中国民芸館などで展示販売され、中国美術を象徴する絵画とされていました。現在、平成時の時代になり、中国民芸館で清の時代やそれ以降の美術品が減少している状況の様に拝察いたします。
inserted by FC2 system